【Bリーグ】千葉ジェッツvs宇都宮ブレックス戦を予想してみた!【第三節】

【Bリーグ】千葉ジェッツvs宇都宮ブレックス戦を予想してみた!【第三節】

Last Updated on 2021年1月29日 by ジョブメンズラボ

どうもいーとんです。

10月から開幕したBリーグ!

今回はいーとんが注目する千葉ジェッツvs宇都宮ブレックスを予想してみました!

Bリーグ4強(千葉ジェッツ・宇都宮ブレックス・アルバルク東京・川崎ブレイブサンダース)といわれるチーム同士の対戦になります。

前回は予想を外してしまったいーとんですが今回の予想はあたるのか?

本記事の内容

ポイント

・4強の対決!

・日本代表を争う帰化選手同士のマッチアップにも注目!

この対戦に注目した理由は?

普段はグラウジーズを応援しているいーとんですが、やっぱり強い4強同士の試合は気になりますね!

特にこの試合は両チームに日本代表候補帰化選手であるギャビンエドワーズ選手(千葉ジェッツ)とライアンロシター選手(宇都宮ブレックス)が所属しており、東京オリンピック代表選考に影響を与えると思います!

また両チーム所謂ON3(外国籍選手2名+帰化選手)が可能であり、ガード/ウイングタイプの選手であるシャノン・ショーター選手(千葉ジェッツ)とLJ・ピーク選手(宇都宮ブレックス)選手のマッチアップも見どころ

さらに日本代表正PGである富樫選手(千葉ジェッツ)vs次世代日本代表候補のテーブス海選手(宇都宮ブレックス)とのマッチアップもあり、どこも見どころです!

では今回対戦する2チームについて紹介したいと思います!

チーム紹介

千葉ジェッツ

philosophy

チームは勝利に拘り、常に「優勝」を目指す

そしてブースターが誇れるチームになる

引用:千葉ジェッツ公式HP

千葉ジェッツは2011年に発足した元々は親会社を持たないチームでしたが、地元での草の根活動からファンを増やし、今では日本NO1の熱さを持つファンとリーグTOPクラスの動員力を誇るチームです!

いーとん

ファンクラブに入れないとチケットをとれないほどの人気でNHKに特集されたりもしています!

現親会社のmixiが目を付けたのも納得しますね!

リーグを代表するチームですがまだリーグ優勝はありません。

今期は本気で優勝を目指すチームになっています!

①強力な外国籍選手+帰化選手

昨年もギャビン選手・ダンカン選手・パーカー選手と強力な外国籍選手+帰化選手がいた千葉ジェッツですが今年はさらに強化されました!

昨年から所属しているギャビン選手・ダンカン選手に加え、スペイン代表であるセバスチャン・サイズ選手の加入が大きい!

サイズ選手は攻撃力もありますが、それ以上に守備力がすごい!

僕が愛読しているBNTさんでも記事でも書かれていましたが、念能力者のようにどこにでも出没するDF力とリバウンド能力は脅威です!!

いーとん

サイズ選手ですが、髪型は去年の方が可愛かったので戻して欲しいです(笑)

②強力なガード・ウイング陣

インサイドに帰化選手がいるため2番・3番のポジションで外国籍選手を起用できます。

そのために補強したのがシャノン・ショーター選手!

シャノン・ショーター選手の加入によって、千葉ジェッツは大きく変わりました。

昨年までの千葉ジェッツはエースであり正PGである富樫選手をボールが絶対に経由するチームであり、富樫選手が休んでいる場合は2ndPGの西村選手がチームをコントロールしていました

しかしシャノン・ショーター選手が加入した千葉ジェッツは富樫選手を経由する必要がなくなり、富樫選手を囮にもできるようになりました。

さらに滋賀から移籍した佐藤選手/横浜から移籍した赤穂選手と控えも強力な選手が控えています!

宇都宮ブレックス

BREAK THROUGH(現状を打破する)という言葉の発音からつくった造語です。
既成概念を打破し、スポーツ界、バスケ界、そして栃木県に風穴をあけたい!という想いを込めています。ブレックスでは、常に新しいことにチャレンジし、どんな困難に直面しようとも、必ず何かの打開策を見つけ出し、常に常識を疑う姿勢を大切にしていこうという「BREAK THROUGH」の考え方を、選手・スタッフ・社員の行動指針としています。REXという言葉は、ラテン語で王者を意味しています。つまり、BREXには、BasketballのREX=B-REX=バスケットボールの頂点を目指し続けるという意思が込められています。

引用:宇都宮ブレックスHP

宇都宮ブレックスは2006年からJBLに参入し、Bリーグ開幕年度の2016年‐2017年シーズンにはリーグ優勝も達成し、4強の中で親会社を持たない唯一のチームです!

そんな宇都宮ブレックスの見どころについて紹介したいと思います!

①強力な外国籍選手

宇都宮ブレックスのエースといえば日本代表候補でもある帰化選手であるライアンロシター選手です!

ロシター選手のすごさは誰にでも合わせられる能力だと思います!

ロシター選手自身もかなりの得点能力がありながら周りの選手も活かすことが出来ます!

そのほかにウイングスパン(腕の長さ)お化けのジェフギブス選手・インサイドで体を張るジョススコット選手・ガードのLJ・ピーク選手と強力な外国籍選手がそろっています!

②次期日本代表候補テーブス海選手

ノースカロライナ大学を辞め、Bリーグに先期から加入したテーブス海選手!

まだ日本代表には選ばれていませんが、八村塁選手とともに日本を引っ張っていく選手です!

ノースカロライナ大学時代はアシスト能力だけで、自身の得点力に疑問があり貸したが、Bリーグではバンバン点も取っており杞憂に終わりました。

先期はリーグの途中からの入団だったためミスも多かったですが、今シーズンはミスも減っており、新人王候補筆頭です!

いーとんの試合展開予想!

そんな両チームが対戦する今節の試合展開を予想したいと思います!

まず千葉ジェッツ!

スターティング5としては富樫選手・シャノン・ショーター選手・佐藤選手・ギャビン選手・サイズ選手の5名でしょう。

大きさを生かしたDFから速攻やコーナー3Pを狙っていくと思います。

また勝負所での富樫選手は化け物!

一方宇都宮ブレックス

スターティング5は読めません!笑

インサイドはロシター選手とスコット選手で間違いないと思いますが、ガード・ウイング陣は全く読めません。

インサイドの控えも含め、誰が出てもほとんど能力が落ちない。さらに長年同じメンバーでプレーしているためお互いの理解も深いのが宇都宮の強みになります!