【Bリーグ】富山グラウジーズvsレバンガ北海道戦 振り返り

【Bリーグ】富山グラウジーズvsレバンガ北海道戦 振り返り

Last Updated on 2020年12月14日 by ジョブメンズラボ

どうもいーとんです!

10月より開幕したBリーグ!今回はいーとんが注目した富山グラウジーズvsレバンガ北海道戦の感想を紹介したいと思います!

いーとんの予想では富山の2勝としていましたが、実際は1勝1敗の痛み分けに終わりました。

なぜ富山は初戦を取れなかったのか?北海道が2戦目負けた理由は?

そんな疑問に答えたいと思います!

本記事の内容

ポイント

・game1は北海道のディフェンスによりレバンガ北海道の快勝!

・game2は外国籍選手の数が不利ながら富山が取り返す!

・どちらも若手日本人(北海道:葛原選手、富山:松脇選手)が勝利のキーに

ハイライト

game1

youtube B.leagu

game2

youtube B.leagu

考察

レバンガ北海道が初戦をとれた理由とは?

レバンガ北海道が土曜日のgame1で勝利をつかみました!

勝因としては3点あると思います

①レバンガ北海道の外国籍選手の攻撃力

②レバンガ北海道日本人ガード陣の高確率3Pと執拗なDF

③ホーム初戦で硬さのあった富山グラウジーズ

①レバンガ北海道の外国籍選手の攻撃力

試合の前日に入国制限後の隔離が解除となりチームに合流したジョーダン・テイラー選手と今年千葉ジェッツから移籍したニック・メイヨ選手の攻撃力がすごかった。

ジョーダン・テイラー選手のドライブは姿勢が低くて鋭い!

さらにステップの幅が広いので、DFについていた富山グラウジーズの水戸選手では対応が難しかったですね。

またニック・メイヨ選手はミドルのシュートをほとんど落とさないし、しっかりと走ってくれる理想の外国籍選手ですね。

さすが安定の千葉産です!

②レバンガ北海道日本人ガード陣の高確率3Pと執拗なDF

前回の記事でも勝敗のカギはレバンガ北海道の葛原選手が富山の宇都選手を止めれるか!と書きましたが土曜日の葛原選手は完璧でしたね!