【レポート】コロナ禍・後でも職住近接を選択!30代MBAが選ぶ住まい

【レポート】コロナ禍・後でも職住近接を選択!30代MBAが選ぶ住まい

Last Updated on 2021年1月29日 by ジョブメンズラボ

こんにちは!1歳の娘が新しく覚えたビンタを毎日浴びせられるよっすーです。

昨今、ホワイトワーカーと呼ばれる人の多くはコロナ禍で在宅勤務を経験し、「どこに住むか」「どんな家に住むか」を考えるきっかけになっていませんか?

そんな環境下、MBA取得の私は歩いて会社に通える場所から移り住む事を考えていません!

その理由、つまり「私が都内に住み、職住近接を選ぶ理由」を紹介します(^^)/

本記事の内容

  • コロナ禍、コロナ後というものの、社会は劇的には変わらない
  • 30代は人とのネットワーク、子供の教育があり都内に住むべき
  • 地方に住むことのデメリットも良く考えよう

この記事をおススメする方

  • コロナの影響でどこに住もうかなと悩み始めた方
  • 地方移住を考えている方

私が職住近接を選択する理由

社会は劇的に変わりますか?

まず、私は「社会全体の生活様式は劇的には変わらない」という立場をとっています。

これは今までの生活に戻ろうとする、続けようとする慣性が強く働いている事を感じているためです。

わかりやすい例では「通勤電車」です。

6月15日時点で朝ラッシュ時の主なターミナル駅の自動改札出場者数は、感染拡大以前と比べて首都圏は62%、関西圏は75%まで戻っているという報道があります。

奥さま(あえて敬称)は電車で通勤していますが緊急事態宣言下で減った乗車率も緊急事態宣言以降は元に戻ったと聞いています。

多くの人が元通りを好みます。

その他には「ジョブディスクリプションが明確でない雇用と仕事の仕組み(阿吽の呼吸で進める日本企業の仕事の方法ともいう)」「Go to travelやGo to eatへの需要」「夜の街のおっさん」を見ていると思います。

よくメディアでは少数派を取材し「オフィスはもういらない!」「新しい働き方」と報道しますが、果たしてそのような方は全体の何割でしょうか。

特に、そもそもリモートワークという働き方に向き・不向きな職種があります。その点をすっ飛ばして「これこそ新しい働き方!」みたいな言説はポジショントークだと思っています。

緊急事態宣言下、各々が様々な試行錯誤をしたと思いますが、肌感覚で、元に戻ろうとする力が強いなと感じます。

従って、私はこのコロナの影響は、今すぐ地方移住を選択する理由にはならないと考えています。

よっすー

もちろん、劇的に変わらないだけであって、変化は加速しており、5年~10年かけてゆっくり変わっていくのだろうと思っています。

30代は人的資本の蓄積を行うフェーズにある

我々30代は「資本蓄積」を行うステージであると考えています。

20代は「苦労は払ってでも買え」「石の上にも三年」というように、とにかく最初に入社した会社で与えられた業務にがむしゃらに物事と向き合うことによって、「何かきっと役に立つ」と考えてもよい時期であったかもしれません(ちなみに私は20代からこの考えは捨てるべきと考えていますが)。

しかし、30代はより戦略的に「蓄積」を考えるべきです。

理由は二つです。

同じ会社で残り続けるにしても、転職を考えるにしても、明らかに選択肢が減っていかざるを得ないこと、そして一般的に家族を持つ、子供を授かるなどのライフステージの変化が大きい事があります。

では30代の私たちが「戦略的に蓄積すべき資本」とはなんでしょうか?

組織論学者であるリンダグラットンさんは『LIFE SHIFT』にて蓄積すべき個人の無形資産として以下の三つを上げています。

1.生産