【書評】PC操作時短術ならまずこれ!『脱マウス最速仕事術』のススメ

【書評】PC操作時短術ならまずこれ!『脱マウス最速仕事術』のススメ

Last Updated on 2021年1月29日 by ジョブメンズラボ

こんにちは!MBA取得者だけどそれよりもM字ハゲが気になるよっすーです。

最近リモートワークによって、他人のPC画面操作を見る事ありませんか?その際、魔法のような操作(ショートカット)を使いこなしている人がいて驚いた事がありました(実話)!そこで、そんな時短に必須のスキル「PC操作ショートカット」を改めて調べるために私が読んだ『年間120時間の時短を実現した50のテクニック 脱マウス最速仕事術』(森新著)を紹介します!

ちなみに先日いーとんが書いたOutlookに特化した時短術はこちら↓

本記事の内容

  • 「こいつこんなショートカットも使ってないのか」と思われてるかも
  • PC操作のショートカット丸暗記ではなくそれぞれの意味を理解すべし
  • 私が発見・再発見したショートカット一覧

本書を読んだきっかけ

きっかけ

私も30代となり、部内に後輩もそこそこ多くなってきました。そうすると、今までは「私が画面を共有して資料を先輩・上司に報告する機会」が圧倒的に多かったわけですが、最近は「後輩に資料確認の依頼を受ける機会」が増えてきました。

実際に先日、後輩から「資料にアドバイスをもらいたい」という事で打ち合わせ依頼がきました。リモートワーク下ですので後輩がPC画面を共有し、パワポの資料を一緒に見ながら校正やアドバイスをしたわけです。

そこで私は驚きました。後輩がパワポ画面から他の画面へ切り替える際に、いちいちウィンドウの右上の最小化を押して他の画面に切り替えていることに!

さらに!パワポの文字のサイズを変えるのにいちいちリボンから選択していることに!

よっすー

(恐る恐る)これショートカットでもっと早く操作できるよ。普段ってどうしてたの?

後輩

いつもこの方法でしたけど?

そんな方法あるなら先に言ってくださいよー

ここで私は驚きとともに、翻って「もしかして自分もこんな風に思われる事があったのではないか」「画面共有ってめっちゃ恥ずかしいな」と感じました。

そこで今回、冒頭の『脱マウス最速仕事術』という本を手に取ったのです。

要約

脱マウスの要諦

まず、本書では脱マウスの要諦・ステップとして以下の4点を挙げています。

1.キーのマークの意味を理解する

2.キーボードの構造を理解する

3.キーの役割を理解する

4.キーを頭文字やイメージで理解する

引用元:『脱マウス最速仕事術』

各キーのマークの意味とは、例えば「Shift」キーや「Tab」キーについて、自身のPCをよくよく見ると「↑」「→(←)」があるよね?という事です(注:PCによってはない)。この矢印の意味、つまり「Shift」キーは各キーの”二階部分”を意味し、「Tab」キーは”時計回りに動かす”という風に覚えると良いよ!という事のようです。

よっすー

この辺りはまぁわかっていますよ

続いてキーボードの構造、これは例えば「Fn」キーってよく見ると色がついていませんか?という事です(注:これもPCによってバラバラ)。この色と他のキーボード上のキーに書かれている色は対応しているんですよ!という事のようです。

よっすー

ちゃんと見た事なかった!私のThinkpadの場合「Fn」は紫っぽい色してますね。他のキーにも紫で書かれているものがある!

続いてキーの役割およびキーを頭文字やイメージで理解する、これは改めて一度キーボード良くみたら使っていないし、何に使うかわからないキーがありませんか?そういうのもう一度見直しましょう。という事です。例えば「Insert」「変換」「無変換」「アプリケーションキー」って使えていますか?と紹介されています

よっすー

例示されているキー、全部使った事なかった・・・。

そして本書では上記の解説の後に、順を追って数多くのショートカットを解説しています!