【ライフハック】MBA卒業生が使っているPowerpointのショートカット学習法

【ライフハック】MBA卒業生が使っているPowerpointのショートカット学習法

Last Updated on 2021年2月5日 by ジョブメンズラボ

こんにちは!

ライフハック専門家のよっすーです(‘◇’)ゞ

私、最近チームで画面共有のうえで資料を作成していた際にこんな事を言われました。

「よっすーさん、Powerpointで魔法のようなショートカット使いますね」

「どこでショートカットって学ぶんですか?」

正直嬉しかったです。

MBA卒業の私も、決して「いつの間にか身に付きました」というわけではありません。

しっかりまとまって学習をした結果だったからです。

そこで今回は、そんなPowerPointショートカットのおススメ学習法を紹介します!

本記事の内容

● ショートカットを軽んじると有限な人生の時間を損をする

● PC操作を学ぶなら動画一択

● Udemyの『Microsoft PowerPoint – Advanced PowerPoint Training』で学ぶことが最も生産性が高い

ショートカットを軽んじることは人生を損をする

「ショートカットって覚えるのが面倒くさい」

「マウスでできるならそれでいいじゃん。」

このように考える方に言いたいです。

「”生産性”という言葉をご存じですか?」と。

私の社内の同僚にもおりますが、企画、創造系の職種は時間をかける事を是とする雰囲気がまだあります。

確かに、創造的な仕事にはある程度「考える時間」と「成果」の相関がみえるかもしれません。

しかし、「資料作成の時間」と「成果」は相関しないことを、私はMBAの2年間で大いに学びました。

MBAでは日々大量の予習と復習を行う必要があり、課題に対して自身のレポートを作成します。

その際、私が必死に資料作成の時間から逆算して必死に時間を確保していました。

しかし、最も優秀な成績をおさめていた学生は「考える時間」に時間を割き、資料自体をものの数分で作成してしまっていたのです。

このように「資料作成の時間」に貴重な我々の時間を割き、「考える時間」を確保できない状況が続くと、そのまま「成果」のレベルも下がります。

具体的に数値で言うと、以下のように計算できます。

皆さんがPowerpointを操作する時間が仮に一日1時間あるとしましょう。

もしその作成時間がショートカットを覚えるだけで10分早くなったとします。

すると、1時間かけて学んだショートカットはたった6日間で元を取れますよね。

それ以降は毎日10分間、あなたは追加的に時間を確保できます。

ショートカットを覚えないことは、一週間で50分の時間を失っており、その分、あなたの仕事の成果は同僚に劣るものになっています。

よっすー

ちなみに画面共有して作業している事が増えていますが、他の人があなたの操作を見て「こんなショートカットも使えないのか」と評価を下げられている可能性もありますよ。

(↓実際の私の体験はこちら)

学ぶなら動画がベスト

では、どのように学ぶのか。

私は年間100冊以上読むほど読書が大好きなのですが、PC関連のスキルを学ぶときは動画が圧倒的に便利です。

例えば以下の文を見てみましょう。

Ctrl+Shift+Tabキーを押して画面内の前のタブ(現在のタブから左隣のタブ)へと切り替えます。

よっすー作成

もちろん読めばわかるのですが、慣れていない操作を学ぶときは文字情報だとパッと頭で認識しにくいです。

また、このような文字をずっと見ていくのは正直退屈ですし、効率が悪い。

しかし、動画だと実際の操作画面を見ながら学習できるので効率が圧倒的に違います。

例えば、ExcelですとYoutubeでたくさん動画コンテンツがありますね。

よっすー

学習方法においても「生産性」を意識した場合は、動画一択と言えますね!

最も生産性高く学ぶならUdemyの講座がおススメ

さて「生産性、生産性」と口酸っぱく言ってきたMBAよっすーが自信を持っておススメするのはオンライン講座プラットフォームのUdemyが提供している『Microsoft PowerPoint – Advanced PowerPoint Training』です。

そしてその理由は『Microsoft PowerPoint – Advanced PowerPoint Training』で学ぶことが最も生産性が高いからです!

Udemyとは

まずUdemyは、米国法人Udemy,Inc.が運営するオンライン教育プラットフォームで、いわゆる動画学習コンテンツを提供しています。

ベネッセが、Udemy社の日本における事業パートナーであることも有名です。

昨今増えているサブスクリプションタイプではなく、買い切りタイプなので気軽に始めることができます。

よっすー

Ude