【2021年保存版】知識ゼロからの宅建士!試験内容・合格率・勉強法・実務講習・就職・年収etc. 宅建のすべてを紹介します!

【2021年保存版】知識ゼロからの宅建士!試験内容・合格率・勉強法・実務講習・就職・年収etc. 宅建のすべてを紹介します!

Last Updated on 2021年5月29日 by ジョブメンズラボ

こんにちは。しんちゃんです。

皆さん、自らのキャリアに不安を感じたことはありませんか?もしくは、自分の価値を高めるために何かにチャレンジしたいと思っていませんか?

そんな方々に、私は「宅建資格」の取得を強くおすすめしたいと考えています!

なぜなら「宅建資格」は、老若男女・新卒・転職を問わず、あらゆる場面で価値を発揮し、更にコストパフォーマンスも優れた最強の国家資格だからです!

本記事では、宅建士を知らない方、もしくはこれからチャレンジをしようとする方向けに、宅建士の基本的な情報から、そのメリットや取得者の実際の意見などをまとめさせていただきました。

具体的には、

  • 宅建士について
  • 宅建試験と勉強法について
  • 民法の重要性
  • 登録実務講習について
  • 宅建士の就職事情
  • 宅建士の年収事情

といった内容について紹介します。

宅建士とは

「宅建士」とは略称です。

正式には「宅地建物取引士」と言い、「宅建業法」という根拠法に基づき定められている国家資格者のことを言います。

「実際にはどういう内容の資格者になるの?」というと、以下のように説明がされています。

「宅地建物取引士」

宅地建物取引業者(一般に不動産会社)が行う、宅地又は建物売買交換又は貸借の取引に対して、購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正かつ誠実に法に定める事務(重要事項の説明等)を行う、不動産取引法務の専門家である。

Wikipediaより引用


要は不動産取引のプロフェッショナルということになりますね。

ちなみに宅建士の認定開始は1958年(昭和33年)に始まりました。

不動産の取引は高額であり、複雑な権利関係が絡むことから専門資格として設置されたという背景があります。

そう考えると、宅建資格は60年以上の歴史をもつ非常に伝統のある資格という一面も持っていると言えます。

宅建士の3つの独占業務

宅建士の強みとして、「3つの独占業務」があります。

【宅建士の独占業務】
❶宅建業法第35条に定める重要事項の説明
❷重要事項説明書への記名押印
❸同第37条に定める書面(契約書等)への記名押印

上記の3つの業務は不動産取引をする際には、重要な業務になりますが、これらの業務は「宅建資格」を有する人しかできないことになります。

宅建士の必置義務

また、宅建士のもう一つの強みには「必置資格」という特徴があります。

【宅建士の必置義務】
宅地建物取引業者は、その事務所その他国土交通省令で定める場所ごとに、事務所等の規模、業務内容等を考慮して国土交通省令で定める数の成年者である専任の宅地建物取引士を置かなければならない。

「省令で定める数」というのは「5人に1人」になります。

これが一人でも欠ければ、宅地建物取引業者は規定の期間以内に補充をしなければなりませんので、不動産取引業者にとってはニーズの高い人材になります。

「宅建士」のポイント

・「宅建士」は伝統のある国家資格者であり、不動産取引のプロフェッショナルである
・宅建士には3つの独占業務と取引業者の必置義務があり、企業からの高いニーズがある

しんちゃん