【資格】賃貸不動産経営管理士試験を受けてきました!結果と予想点数は?

【資格】賃貸不動産経営管理士試験を受けてきました!結果と予想点数は?

Last Updated on 2021年1月29日 by ジョブメンズラボ

こんにちは。しんちゃんです。

秋は試験の季節ですね。最近立て続けに資格試験を受けています。

10/18の宅建試験の興奮が冷めやらぬまま、11/15賃貸不動産経営管理士の資格試験を受けてきました。

今回は、試験の感想と予想点数を書いていきたいと思います。

賃貸不動産経営管理士試験の合格率

名称が長くて呼びにくいですが、「チンカン」などと呼ばれていますね。

「賃貸住宅業界の適正化を担う専門家」として誕生した資格ですが、その歴史は比較的新しいです。

実際の試験の合格率を見てみましょう。

年度申込者数(人)受験者数(人)合格者数(人)合格率(%)
H254,1063,9463,38685.80
H264,3674,1883,21976.86
H275,1184,9082,67954.58
H2813,86213,1497,35055.89
H2917,53216,6248,03348.32
H3019,65418,4889,37950.7
R125,03223,6058,69836.8
LEC東京リーガルマインドより作成

民間資格なのでそんなに合格率は低くないですよね。宅建試験よりだいぶ簡単に見えます。

ただ年度を経るにつれて合格率は下がっています。

兼ねてから「国家資格化する」と言われてきたことが影響していますね。

実際、「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律(新法)」が今年6月12日に参議院で成立し、来年の6月の法施行以降に国家資格化が見込まれています。

しんちゃん

賃管試験は宅建試験と同じく相対評価で合否が決まりますが、この流れが合格ラインにどう影響を与えるのか、気になります…

1週間で受かる試験?

こんなこと言うと怒られそうですが、実際しんちゃんの勉強確保日数は1週間でした。

というのも「市販の過去問集とテキストがあれば1週間程度で受かる!」と聞いていたからです。

ちなみに使ったテキストと過去問はTACさんのものです。

2冊を行ったり来たりし2周くらいしたというのが実質的な勉強法でした。

勉強時間にすると13時間程度。

宅建試験、CFP不動産試験と立て続けに受けてきたので、賃管試験の知識も設備系の細かい部分を除くとスムーズに入ってきました。

受かる気満々で当日の朝も軽く復習をした後、会場へ向かいました。

実際に試験を受けた肌感

今まで賃管試験は40問の試験でしたが、今年度からは50問と問題数が増えています。

40点満点時代の試験でおよそ7割くらいが合格ボーダーラインと言われていましたので、今回の試験では35点を目指しました。

試験範囲はざっとこんな感じ。

【試験出題範囲
1.賃貸管理の意義・役割をめぐる社会状況に関する事項
2.賃貸不動産経営管理士のあり方に関する事項
3.賃貸住宅管理業者登録制度に関する事項
4.管理業務の受託に関する事項
5.借主の募集に関する事項
6.賃貸借契約に関する事項
7.管理実務に関する事項
8.建物・設備の知識に関する事項
9.賃貸業への支援業務に関する事項(企画提案、不動産証券化、税金、保険等)

宅建と違ってそんなに本格的な民法問題も出ませんし、賃管士の制度も結構宅建士の枠組みをモデルにしてるなと感じるものも多いです。

設備系はちょっとマニアックで実務経験ないと「?」って感じです。

「給水設備の方式」が苦手でしたが、「方式が違うと断水になったときの対処方法も違うなあ」と住民の気持ちで考えて覚えました。

さて、実際の試験を受けた感想ですが、試験時のリアルな気持ちの変化を以下に書いてみたいと思います。

「全然過去問と傾向違うじゃん」

「これはダメかもしれん」

「1週間で受かるとか言ったやつ誰」

結論、今までの試験の傾向が大きく変わり、大変な結果となりました(笑)

少し言い過ぎかもしれませんが、個人的には宅建試験と同じようなレベル感に感じてしまいました。

「民法の難化」と「初見問題の増加」

過去問対策が重要な試験と聞いていましたが、今回の試験では「過去問で見たことのないような問題」が多く出題されたようです。

また、重要事項説明や基幹事務では細かいことを問われました。

びっくりしたのが宅建業法から2問くらい(媒介とIT重説)出ていたことです。

まさか出ると思ってもなく、1か月前の知識を必死に呼び起こしここは何とか取れましたが…(でもこの試験で宅