【FP3級から2級へ】1カ月70時間の独学でFP2級に一発合格した勉強法とおすすめテキストを紹介!

【FP3級から2級へ】1カ月70時間の独学でFP2級に一発合格した勉強法とおすすめテキストを紹介!

Last Updated on 2021年5月30日 by ジョブメンズラボ

こんにちは。しんちゃんです。

本記事では、ファイナンシャルプランナー2級(以下:FP2級)について、独学一発合格を果たした私が実践した勉強法、お勧めのテキストなどをご紹介していきたいと思います。

「FP2級は初学者や働きながらでも合格できる?」
「予備校に通う必要はある?」
「どれくらいの勉強時間が必要?」


といった疑問にもお答えしていきたいと思っています!

FPを受験した経緯

3級から2級への壁

もともと私は大学生時代にFP3級を受験し、合格していたという背景がありました。

就活をしていた当時だったので「企業の面接のネタになるかな」程度の軽い気持ちでの受験です。

そういった背景から、その時には2級受験に進むモチベーションもありませんでしたが、

実際に、当時2級のテキストを見たときに「これはちょっと独学で難しそうだな・・・」と感じたのも事実で、言い訳を作っていたという面もありました・・笑

その後、社会人になって数年経過し、ふとしたきっかけでFP2級試験を受けることになります。

詳細については、下記記事にまとめてありますので、ご興味があれば参考にしてみてください。

受験時の私のスペック

思い切ってチャレンジしようと思った私は、2020年1月26日のFP2級試験を受験しました。

「FP協会」「きんざい」と2種類の試験機関がありますが、私はFP協会の「資産設計提案業務」を選択。

理由は「FP協会」の実技試験の方が簡単だと言われていたからです。

ちなみに、当時の私のスペックは以下のようなものでした。

【受験時のしんちゃんのスペック】

・金融実務経験…なし(仕事:営業、業種:製造業)


・FP3級取得年次…2010年(大学生のとき何かの不安に駆られノリで取得)


・生活環境…平日週5勤務(平均残業時間20~30時間)、土日は基本休み、単身赴任

FPの受験層としては、例えば金融業に勤めていて仕事で必要な方、家計について知識を身に付けたい主婦の方などの話をよく耳にします。

一方私はというと、金融実務経験もまったくない、メーカーの営業。

FP3級に合格しているといっても、3級を取得したのはかれこれ10年も前

そして営業という割とストレスフルで拘束時間の長い環境下で働いていました。

つまり、FP2級の受験者としては私にはまったくアドバンテージはなかったわけです。

独学で合格は可能なのか?

FP2級は独学で合格可能である

FP2級試験を受験する際に「独学でも合格できるのだろうか?」といったことを考えました。

書店にいけばFPのテキストは一通り揃っているので、独学でチャレンジする手段はあります。

一方で通信教育や予備校といった手段もあり、効率よく学習するには高い費用も止む無しなのでは、と思う方もいるかと思います。

結論から言うと、自身の経験からFP2級は独学で合格可能な試験であると断言できます。

なので、勉強の始め方で悩んでいる方は、今すぐ書店に行き、これから紹介するテキストを買って、勉強を始めることをお勧めします。

独学を選んだ理由

私が独学を選んだ主な理由は以下の3点です。

独学を選んだ3つの理由

・「教材費用が安い」通信教育でも最低2~3万程度の費用が必要。市販の参考書であれば3~4千円程度から勉強が開始できる。

「時間・場所が制約されない」…講座の様にカリキュラムが決まっていないので、学習のペースも自分で自由に決めることができる。

「チャレンジ精神」…どこまで独学でいけるのかを試してみたかった。

もし費用が安く、自分のペースで学習ができるのであれば通信教育や予備校を絶対使います。

講師に教えてもらった方が理解も進みますし、最新の情報なども収集できます。

なので予備校・通信教育は全くもって否定していないのですが、私は自身の成功体験をもって、

「コストパフォーマンス、時間の自由度、自分の力試しという点から、独学に挑戦してみませんか?」

とお勧めしたくなるのです。

独学で使用したテキストは?

独学でのFP試験勉強に実際に使ったテキストをご紹介します。

実際に使用したテキスト

・・割とボロボロですね。笑

最近では、FPのテキストは最近かなり多くの種類が出版されていて、書店でどれを手に取るか悩ましいかと思います。

私は、基本テキストとしてTAC出版から出ている「スッキリわかる FP技能士2級・AFP」、問題集として「スッキリとける過去+予想問題 FP技能士2級・AFP」を使いました。

市販の参考書の中では比較的ボリュームは少ない方だと思いますが、逆に言えば本当に必要な部分をコンパクトに収めています。

1冊が早く回せるので基本事項の復習にも最適です。

毎年5月下旬に最新版が発売されていますので、是非チェックしてみてください。