【2021年版】あなたに合った教材が絶対見つかる!独学で宅建試験に合格するためのおすすめテキスト・参考書3選

【2021年版】あなたに合った教材が絶対見つかる!独学で宅建試験に合格するためのおすすめテキスト・参考書3選

Last Updated on 2021年5月29日 by ジョブメンズラボ

こんにちは。FP宅建士のしんちゃんです。

2021年度の宅建試験に向けて、既に勉強を始めようとされている方もいるのではないでしょうか?

勉強手段には、通学、通信、独学、様々なものがあります。

今回は独学で宅建試験に挑戦する方向けに、2020年宅建独学合格者の私がおすすめする市販のテキスト・参考書を紹介します。

優れたテキスト・参考書選ぶために重要なポイント

❶テキスト・参考書選びの基準を知っておく

宅建士の市販テキストは、他の資格のものと比較してかなりラインナップが充実しています。

しかし、選ぶ側として「どのテキストが良いのだろうか?」と頭を悩ませてしまうこともありますよね。

実際に、私自身が昨年受験した際には、以下の判断基準を中心にテキスト選びを行いました。

【テキスト・参考書選びの基準】
取り組みやすいレベル感で説明されているか?(挫折しないため)
図やイラストが豊富か?(視覚的に記憶しやすい)
持ち運びしやすいか?(場所を選ばず勉強できる)

万人に必ずあったおすすめの教材というのは存在しないと思っていますが、テキスト選びの基準を持ちながら、自身のスペックや学習環境、性格・好みなどを踏まえて、自分に合ったものを選ぶことが大事です。

しんちゃん

私は、自身が初学者であり、また飽きっぽい性格であることを分かっていたので「取り組みやすさ」を特に重視していました。

❷近年の宅建試験の傾向を意識する

もう一つ、2021年度に試験を受ける際のテキスト選びで、意識しなくてはならないポイントがあります。

それは「近年の宅建試験の合格点基準点が上昇傾向にある」ということです。

直近の2020年度宅建試験では合格基準点が38点という過去最高得点になりました。

つまり、今までの試験のように7割の得点率で合格できるといった可能性が低くなってきているのです。

また、近年の問題の傾向として民法科目を中心に「過去問の丸暗記だけでは対応できない問題が増加している」といった指摘もされています。

したがって、今後の宅建試験においては「情報の網羅性」、「テキスト以外の教材(予想問題集、過去問など)の充実度」なども大事になってくると思われます。

2021年度の宅建試験の情報は下記記事にまとめていますのでご参考ください。

2021年宅建試験のためのおすすめテキスト・参考書3選

ここからは宅建独学合格者である私が選んだおすすめの参考書を紹介します。

私が重要だと感じた評価軸で5段階評価をしています。

【独自の評価方法】
取り組みやすさ・・・ボリュームやコンセプトなど、初学者向けか
・情報量の多さ・・・試験対策に必要な情報量が確保されているか
・ビジュアルの豊富さ・・・図やイラストが豊富で記憶しやすいか
・持ち運びやすさ・・・テキストが1冊にまとめられているか、分冊可能か
・関連シリーズの充実度・・・テキストから派生する問題集や過去問などの教材が充実しているか

しんちゃん

加えて、「それぞれのテキストの特徴」、「どのような受験者に合っているのか」という点も紹介します!

【おすすめ❶】みんなが欲しかった! 宅建士の教科書

評価項目評価ポイント点数
総合評価初学者に最適。挫折せずに基本点を押さえられ、短期での学習が可能[usr 4.5]
取り組みやすさ少し物足りなさはあるものの、初学者のボリュームとして程良く回転させやすい[usr 5]
情報量の多さ必要最低限の情報量。深い理解よりもとっつきやすさを重視[usr 3.5]
ビジュアルの豊富さビジュアルかなり豊富でフルカ