【レポート】未経験者でも大丈夫!30代男子がウクレレをおススメする理由を大公開

【レポート】未経験者でも大丈夫!30代男子がウクレレをおススメする理由を大公開

Last Updated on 2020年12月14日 by ジョブメンズラボ

こんにちは!いーとんです!

いつもはキャンプ・Bリーグとアクティブな内容ばかり紹介していますが

今回は『ウクレレ』について紹介したいと思います!

stayhome期間にウクレレを購入してからほぼ毎日奥様とウクレレを楽しんでいます。

初心者でも弾けるの?どうやって学んだの?そんな疑問にお答えしたいとおもいます!

本記事の内容

ポイント

・音痴でも、若干不器用でもウクレレは始められる

・独学で弾けるようになるのでレッスン代が無料

・覚えるコードは4つ覚えれば簡単な曲が弾け、10個も覚えれば何でも弾ける

ウクレレを始めたきっかけ

ウクレレを始めたきっかけは

「何か楽器が弾けるようになったらカッコいいな」という漠然とした思いがあったからです。

しかし、歌もお世辞にもうまいとは言えず、若干不器用なためピアノのように左右で違う動きをするのも無理、手が小さいのでギターもキツイとあきらめていました・・・

そんなある時、姉の結婚式でハワイを訪れた際、宿泊していたホテルで無料のウクレレ体験ができるとあり、暇だった私は顔をだしてみました。

いーとん

ウクレレって4弦しかないから手の小さい僕でも届く!音もきれい。それになんか持ってる自分キャラにあってる!笑

帰国後も楽器が弾けた楽しさを忘れることが出来ず、またstayhome期間が長くなったこともあり自宅で楽しめないかと購入しました!

ウクレレで好きな曲が弾けるまで!

ウクレレで好きな曲が弾けるまでを紹介したいと思います!

ソロで弾きたい人も、弾き語りがしたい人もほとんど基本は一緒ですし、レッスンに通ってやることは同じだとおもいます。

道具を揃える

ウクレレを始めるのに必要な道具は2つだけ!

①ウクレレ

②チューナー※音程をはかる装置

ウクレレにはソプラノ・コンサート・テナー・バリトンの4種類のサイズがありますが、ソプラノが一番扱いやすいく一番売れています

楽器屋さんで売っているウクレレはほぼソプラノウクレレですね!

値段は1万以上をおススメします!それ以下では音が微妙だったり壊れやすいので・・・

またウクレレはAmazonでも購入できますが、楽器屋さんに行って買うことをおススメします!

同じソプラノウクレレでも個性があり少しずつ音が違うので実際に触って気に入ったウクレレを購入することがいいでしょう!

チューナーも同じコーナーに置いてあります。僕はウクレレと併せて2万程度で購入しました

チューニングを覚えよう!

実際に弾くようになって感じましたが、ウクレレは物凄く弦の音程がずれやすい楽器です。

なので弾く前には毎回調整が必要!ただチューナーの指示に従えばいいので簡単に調整できます。

実際に音を出してみよう!

ウクレレはギターのように左手で弦を抑え、右手で弾く楽器です。

右手は一定のリズムで動かすだけなので、音を変えるには左手の弦の抑え方を変える必要があります。

左手の抑え方が「コード」=和音 と言われれるものです。

まずは「C」や「G」といった、簡単だけどよく使うコードから練習してみて感覚をつかんでください!!

いーとん

この時点