【科学的考察】完全無欠コーヒーは健康・パフォーマンス・老化防止に良いのは本当か?

【科学的考察】完全無欠コーヒーは健康・パフォーマンス・老化防止に良いのは本当か?

Last Updated on 2020年12月9日 by ジョブメンズラボ

こんにちわ!

1歳の娘にハッピーバースデーの曲を歌ってもらえて涙が出たよっすーです!

今回はMBA取得の私が大好きな大好きな完全無欠コーヒー(バターコーヒー)について、「健康(栄養)」「パフォーマンス(経験)」「老化防止(最新の科学)から真面目に情報をまとめました!

「”完全無欠”って表現が何か怪しげ」

「バター飲むとかあり得ない」

「パフォーマンスアップとかないでしょ。朝ごはん食べようよ」

そんな風に考えているあなたの考えを覆します!

本記事の内容

  • 完全無欠コーヒーはバターとMCTオイルを加えて朝食代わりに摂取する
  • コーヒー×グラスフェッドバター×MCTは健康的!
  • 実践してみると「イライラが少なく集中力が向上」
  • 16時間断食は老化防止にもつながる!

完全無欠コーヒー(バターコーヒー)とは

完全無欠コーヒーは結論からいえば以下の材料にて生成されるコーヒーです。

このコーヒーを朝食代わりに摂取することで、健康に、(お腹がすかないことで)集中力を維持し、パフォーマンスをアップできるという代物です。

完全無欠コーヒーの材料

  • コーヒー
  • グラスフェッドバター(もしくはギー)
  • MCT(中鎖脂肪酸)オイル

これら材料の特徴およびレシピ詳細は以下の記事にて紹介しているので割愛します。

この完全無欠コーヒー、シリコンバレーにて大流行しており、数多くの著名人も実践しています。

また、アンチが多い事も事実であり、医学会の関係者にて反対意見を述べている方もいらっしゃいます。

アンチの主張内容はよっすーも確認済ですが、その主張は商業的な匂いがする事が気になります。(参考記事)

いずれにせよ、ファンの方・アンチの方、双方を巻き込み大変話題になったものがこの「完全無欠コーヒー」であるといえます。

よっすー

ではそんな完全無欠コーヒーについて科学的に真面目にまとめていきます!

健康への影響

まず栄養の観点でまとめます。

完全無欠コーヒーで摂取することになる栄養素は以下です。

完全無欠コーヒーの栄養素

  • コーヒーポリフェノール
  • 中鎖脂肪酸(MCT)
  • 不飽和脂肪酸(オメガ3)

まずコーヒーポリフェノールについて。

コーヒー一杯にはクロロゲン酸類が約70~350mg含まれています。

クロロゲン酸類には抗酸化作用、抗がん作用、抗炎症作用、血圧低下、肥満の人での体重減少などの効果が実証されています。(参考:内閣府 食品安全委員会

なお、各論文を直接参照したい方は花王のホームページが抄録があって大変便利です。(リンク

よっすー

類似の研究結果が多数あるというのはその情報の信頼性が高まります。

コーヒーの健康効果は間違いなし。

続いて中鎖脂肪酸について。

これは完全無欠コーヒーの材料の一つ、MCTオイルの事です。

こちらは速く分解・吸収される、抗炎症作用が科学的に実証されています。

また、電子ジャーナル「Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine」に掲載された研究では、ココナッツオイル(MCTを多く含む)を毎日摂取することで、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が増加し、満腹感が高まることが判明しています。

よっすー

なお、MCTオイルの詳細解説ページがあるので興味のある方はそちらを是非ご笑覧ください。(リンク

最後に不飽和脂肪酸(オメガ3)です。

これはグラスフェッドバターに含まれており、その他にも脂肪が多い魚(たとえば、サケ、マグロ、マス)や甲殻類(たとえば、カニ、ムール貝、カキ)のような海産物に含まれてるEPAやDHAも該当します。

最新の研究では、代謝促進による脂肪燃焼、脂肪蓄積の予防、食欲抑制による過度のエネルギー摂取の抑制といった効果が認められています。参考:厚労省eJIM)

よっすー

なお、ギー、グラスフェッドバターの詳細解説ページがあるので興味のある方はそちらを是非ご笑覧ください。(