【決定版】コーヒーの為のバター・ギーのおススメ5選!

【決定版】コーヒーの為のバター・ギーのおススメ5選!

Last Updated on 2021年1月3日 by ジョブメンズラボ

こんにちは!

MBA保有のライフハック専門家のよっすーです(‘◇’)ゞ

今回は私の大好きな完全無欠コーヒー(バターコーヒー)に用いるグラスフェッドバター・ギーについて、いくつかを実際に使用した私がバターをランキング形式で紹介します!

この記事を見れば健康&パーフォーマンス向上を実現する近道が出来ますよ!

本記事の内容

  • 完全無欠コーヒーはあなたの健康とパフォーマンス向上を応援!
  • グラスフェッドバターとギー選びは重要!
  • グラスフェッドバターはニュージーランド産のフォンテラ社産が最もおススメ!

完全無欠コーヒー(バターコーヒー)とは

完全無欠コーヒーは結論からいえばコーヒー、グラスフェッドバター(もしくはギー)、MCTオイルという三つの材料にて生成されるコーヒーです。

このコーヒーを朝食代わりに摂取することで、健康に、(空腹感を感じないことで)集中力を維持し、パフォーマンスをアップできるという代物です。

完全無欠コーヒーの材料

  • コーヒー
  • グラスフェッドバター(もしくはギー)
  • MCT(中鎖脂肪酸)オイル

この完全無欠コーヒー、シリコンバレーにて大流行しており、数多くの著名人も実践しています。

完全無欠コーヒーの元祖紹介人である『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』の書評記事は以下を参照ください!

完全無欠コーヒーの効果やレシピ詳細は以下の記事にて紹介しているので是非見てください!

また、アンチが多い事も事実であり、医学会の関係者にて反対意見を述べている方もいらっしゃいます。

アンチの主張内容はよっすーも確認済ですが、その主張は商業的な匂いがする事が気になります。(参考記事)

いずれにせよ、ファンの方・アンチの方、双方を巻き込み大変話題になったものがこの「完全無欠コーヒー」であるといえます。

よっすー

私はこの完全無欠コーヒーを1年以上続けており、毎日集中力高く、最高のパフォーマンスを発揮できています!

グラスフェッドバター&ギーとは?

グラスフェッドのバターは、一般のバターと比べると製造方法に大きな違いがあります。


まず、グラスフェッドバターのグラスフェッドとは、「グラス=草」、「フェッド=エサ」と言う意味です。

つまり、牧草のみをエサにした牛から取れるバターが、グラスフェッドバターです。

一般のバターは、穀物などを含んだ通称”グレインフェッド”を利用したエサで育てるのに対し、グラスフェッドバターを生み出す牛は、牧草のみ食べるので栄養価が高いバターが作られるのが特徴的です。

詳細は以下の記事に詳しいです

「グラスフェッドバター」は普通のバターと何が違う?|特徴や使い方を知って、バターにこだわりを。

よっすー

ギーについての詳細は以下の記事を参照ください!

ランキング5選

よっすー

それでは私が実際に使用したグラスフェッドバターorギーをランキング形式で紹介していきます!

5位

第5位はカルピス社の特選バター!

こちらのバター、従来は限られた量しか生産されず、そのほとんどが一流レストランやホテル、菓子店などで廻されたため、「幻のバター」と呼ばれていました

実際にフランス料理の微妙なおいしさを出す隠し味として、一流フランス料理店のシェフから絶賛を受けています。

魅力は乳本来の風味があり、クリーミーで淡白な味!

コーヒーとのマッチも抜群です。

難点はグラスフェッドバターではないことと価格が少々お高め。

コーヒーとの相性も良く美味しいのですが、そもそもグラスフェッドバターでないと完全無欠コーヒーの効果としての健康やパフォーマンス向上は期待しにくいですね。

また、¥6/g(2021年1月時点)は他の商品よりも少し割高です。

よっすー

私はコーヒー一杯あたりバター10g入れるので、このバターを使うと、バターだけで60円となりますね。

4位

続いて第4位はグランフェルマージュのフランス産のグラスフェッドバター!

グランフェルマージュのバターの魅力は安心と安全のオーガニック!

このグラスフェッドバターはヨーロッパ全土でその認知度の高い、ABマークを取得する有機農法の認証を得る最高のバターです!

ABマークとはフランス農務省による認証のマークであり、「Agriculture Biologique」の略で「有機農業」を意味します。

フランス政府が1981年に指針を制定し、1985年以来国家によるビオ(オーガニック)認定マークとしてこのロゴを使用。

最低3年間は有機農法実施していること、オーガニック材料を95%以上含むこと、EU圏内で生産あるいは、加工されたものに限るなど、厳しい基準を設け、1年ごとの抜き打ち検査も行われています。

難点は価格です。

¥7/g(2021年1月時点)は他の商品よりも割高ですし、フランスではスーパーに普通に4ユーロ強で売っているものである事を考えると、「高いものほど品質が良い」とは言えない印象ですね。

3位

では第3位はフラット・クラフト社のギーです!

ランキング内で唯一のギーの紹介です。

魅力は手に入りやすさと保存の容易さです。

この商品は200g からオンライン、店頭でも購入が可能です。成城石井やKALDIでも販売されています。

手に入りやすいので始めやすいです。

グラスフェッドバターは冷凍で450g前後で販売されているのに対して、小さい単位で買え、常温保存ができるので気軽に試す事が可能です。

よっすー

旅行先にも持っていきやすいので外出時に重宝します!

難点はギー独特の匂い。

乳製品独特の匂いが凝縮されており、私の妻は苦手らしいです。

このあたりは人によって好みがわかれるでしょう。

よっすー

加えて飲んだ後は若干自分のおならが臭くなる気もします(笑)

2位

続いて第2位はウエストゴールド社のニュージーランド産のグラスフェッドバター!

ウエストゴールド社産の魅力は信頼のニュージーランド産です。

ニュージーランドでは、飼料の輸入を禁止しており、このグラスフェッドバターは添加物や薬を一切使わずに育てられた健康な牛の牛乳を使用しています。

ニュージーランドは年間通して牧草で育てられている点も信頼の一つです(フランスなどでは冬季になると牧草以外も食べていたりする)。

ここまでくると特筆すべき難点はありませんが、しいていえば価格。

この商品は価格の変動が激しく、価格が安定していません(2021年1月時点では¥5/g)。

しかし、正直このウエストゴールド社のグラスフェッドバターでも問題なしとよっすーは考えています。

1位のバターと比較して個人の好みで選んでもらえますね!

1位

お待ちかねの第1位はよっすーも愛用、フォンテラ社のグラスフェッドバターです!

フォンテラ社産の魅力は信頼のニュージーランド産と低価格です。

ウエストゴールド社産にてご紹介した通り、ニュージーランドでは、飼料の輸入を禁止しており、このグラスフェッドバターは添加物や薬を一切使わずに育てられた健康な牛の牛乳を使用しています。

ニュージーランドは年間通して牧草で育てられている点も信頼の一つです(フランスなどでは冬季になると牧草以外も食べていたりする)。

価格も¥4/g(2021年1月時点)と経済的。

完全無欠コーヒーは毎日飲むものなので経済的である事は重要!

しかも冷凍で454gから購入できます。

冷凍庫に空きがなくても問題なしですね。

ここまでくると難点は特にありません!

よっすーはこのグラスフェッドバターで完全無欠コーヒーをいただいています!

よっすー

なにはともあれ、このバターで完全無欠コーヒーを試してみましょう!

まとめ

いかがでしたか?

昨今はECも一般的でグラスフェッドバターやギ―といっても様々な種類にアクセス可能です。

コーヒーと一緒に飲むバターの選択として、この記事が読んでくれた皆さんのお役にたてば幸いです!

明日も最高のパフォーマンスで最高の一日を送りましょう!(^^)!